TOP

佐野日本大学中等教育学校

校長あいさつ

佐野日本大学中等教育学校

校長 舩渡川 重幸

 佐野日本大学中等教育学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 校長に就いてこの4月で2年目になります。昨年同様、新型コロナウイルス感染症の影響で教育活動が制限される中での令和3年度(2021)のスタートとなりましたが、どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、本校は、2010年に佐野日本大学中学校から改変した、中学校でも高等学校でもない学校種、「中等教育学校」です。中高一貫校とも違い、3年生と4年生には連続性があり、継ぎ目がありません。なぜ、あえてこのような形態をとったのか。その理由はたった一つです。人を育てるのには時間と沢山の人たちを必要とするからです。人間もその他の生きものも、成長するにはそれなりの時間が必要です。そして人間の場合は特に、育っていく過程で、他者による様々なかかわりがなければ人間として成長することはできません。

 本校の教育目標は、校訓である「自主創造」「文武両道」「師弟同行」のもと、開校時から変わらず、「磨こう心、輝く知性、拓こう未来」という教育目標を掲げています。学校教育の原点は、やはり「生活・学習・進路」の3つです。本校の教育内容は、きわめてシンプルかつオーソドックスでありながら、実は随所に工夫がこらされています。特に前期課程(中学1・2・3年生相当)での学びを大切にしています。現在の社会は、グローバル化やICT、AIなどの進展によって、これまでの社会構造や人々の考え方が急速に変化し複雑化しています。しかも答えが1つとは限らないこれからの時代において、自ら課題を発見し、様々な人々と協働して答えを導き出すことができることが求められていま。本校は、教職員一同力を合わせて、これからますます変化の激しい時代になっても、これまでにない未知の世界にあっても、逞しく柔軟に適応できる生徒の育成に努めてまいります。

 受験生や保護者の皆さま、佐野日本大学中等教育学校は日本大学の付属校であると同時にどんな進路選択もできる多様性のある学校です。当ホームページをご覧になって、本校の特徴やメリット、学校の様子などご理解いただければ幸いです。

 今後とも本校へのご理解とご支援をいただきますよう何卒よろしくお願いいたします。

佐野日本大学中等教育学校

校長 舩渡川 重幸

校長室だより

【校長室だより】入学式 / 始業式

 昨日、入学式を無事執り行うことができました。つい先月まで小学生だった生徒が、真新しい制服に身を包み、緊張した様子を見ていると、これから始まる本校での生活への期待や意欲が伝わってきました。私からは、努力してほしいこととして、「自分を大切にするとともに、自分の周りにいる友達も大切にする生徒になってほしい」、「志と目標を持って何事にも挑戦する生徒になる」の2つを伝えました。

 今日は、始業式と対面式を行いました。新型コロナウイルス対策のため、今回も放送による式となりました。新しい学年、学級に対して、一人ひとりが大きな期待を胸に秘めていることと思います。担任が替わり、友達が替わることは、それだけ社会が広がることになります。これから本格的に学校が動き始めます。新しい担任、新しい友との和を大きく広げながら、毎日の生活を活き活きとしたものにしてください。

 対面式での新入生代表の挨拶は、とても立派な内容でした。学校は、常に出会いの場です。新入生も上級生も共に新たな出会いをかけがえのないものにしてください。上級生は、新入生が早く学校に慣れるよう先輩として思いやりの心で接してあげてください。新入生は先輩方の背中を見て中等生になっていきます。中等での生活についていろいろアドバイスをお願いします。

記事一覧