TOP

佐野日本大学中等教育学校

最新ニュース

【校長室から】後期始業式

 短い秋休みが明け、今日は後期の始業式です。

今回の式も、校長室から各教室へ動画配信を使って行われました。

 舩渡川校長先生は、新学期のスタートにあたり「一年のターニングポイントとして、自分と向き合い、一日一日を大切に過ごして欲しい」とお話されました。

 また「具体的に取り組んでほしいこと」として、

・仲間をつくること … 同じ目標に向かって、協力し合う仲間とともに助け合い、高め合うことで、将来社会に出たときに必要な「他者と協働する力」を身につけることができる。

・社会に向けてひろく目を向け、教養を高めること … 社会には様々な課題があり、みなさん自身の行動が社会をつくっていく。新聞や本を読み、他者と意見を交わし合うことで考えを深め、視野を広げてほしい。教養とは「自分と違う考えがあることを理解すること」である。

という二点を強調してお話しされました。

 また、『本校の6年間で「しなやかで豊かな心」「強じんでたくましい知力」の土台づくりをしてほしい』ということを話されました。

 

 次に、先日10月4日(日)、栃木県総合文化センター特別会議室で行われた「青少年のインターネット環境づくりフォーラム in 栃木」に参加した広瀬乃々佳さん(3年)より、『中高生のインターネット利用について』など、フォーラム内で行われた意見交換の様子が報告されました。

 さらに、昨年度より一年間活動してきた旧生徒会役員を代表して、前生徒会長の田中菜々さん(5年)より、退任のあいさつがありました。旧生徒会役員のみなさん、一年間、お疲れ様でした。

 

 新型コロナウイルスの新規感染数は減少傾向にありますが、いつまた増加に転ずるかは分かりません。まだまだ不便な生活が続きますが、感染予防・対策をしっかり行い、実り多い後期にしていきましょう。