TOP

佐野日本大学中等教育学校

コミュニティ

【校長室だより】冬休み明け 全校集会

 

 お正月恒例の箱根駅伝では青山学院大学が圧勝したが、どの選手も最後まで気を抜かない姿勢を、強く感じた。

 年末に読んだ原監督のインタビュー記事で「人は誰でも怠けたいという気持ちを持つものだけれど、自分は何をするのか覚悟(こころざしと目標)があると『怠けたい、楽をしたい』と思う気持ちに自然とブレーキがかかる。そうすると、その選手はどんどん伸びる」ということをおっしゃっていた。青山学院大学の陸上部は1日3時間しか練習せず、残りの21時間をどう過ごすかは各選手に任せている。そんな環境の中で選手たちは日々の生活を自分で考え、コントロールして自分自身を成長させている。

 6年生は今まで取り組んできたことを確実丁寧に確認する努力を大切にすること。5年生は4月から最高学年になり、名実ともに本校の顔になる。学年のまとめをしっかりとおこなってほしい。4年生は中堅学年として、本校の中心となって活動する時期に来た。春休みはまでの期間を有意義に過ごして進級を迎えるようにしてもらいたい。

 前期生の3年生は後期課程へ、1・2年生は中堅学年へ進むが、今自分に何が必要かを考えながら生活していくことを心掛けてほしい。苦しくても逃げないで、立ち向かっていこう。

 昨年4月の始業式で「夢や希望は誰でも持つことができるけれども、ただそれだけでは何も達成することはできない」「夢や希望を持っているのであれば、それを何が何でも達成するという、ブレないこころざしと明確な目標を立てなければならない」という話をした。青山学院大学の原監督の言葉にあったように、まさに覚悟が大切である。新年を迎えて最初の日である本日を、こころざしと目標をもって新たな気持ちで取り組む、節目の時としてスタートしてほしい。

 

(令和4年1月7日 全校集会 校長講話より一部抜粋)